最近話題の画像安定装置とは?

画像安定装置はビデオ編集機やビデオスタビライザーとも呼ばれている機器で、最近話題になっています。大手家電ショップや量販店で販売されています。



映像信号の中にノイズ信号があると、映像の質が悪くなってしまいます。


このノイズ信号をクリアにすることにより、画像を安定させることができます。例えば録画したビデオテープは、何度も再生を繰り返すことによって画像が劣化してしまいます。これは映像信号の広域部分が劣化することにより起こる現象です。


また、ビデオテープの保存状態や期間により雑音信号を発生することがあります。

ビジネスジャーナル関する情報選びで困った時に見てほしいサイトです。

画像安定装置を使うことにより、映像信号を安定させ雑音信号を取り除き、クリアな画像を見ることができるようになります。

クリアな画像で再生できるのは、ビデオテープだけではありません。


DVD、VHS、CS放送などを再生する機器と録画機能を持つ機器の間に画像安定装置を設置することにより、綺麗な映像を見ることができるようになるのです。


中には地上デジタル放送に対応している機種もあります。

機種には様々な種類があり、それぞれの機種で機能や画質が異なります。

例えば、ワイド信号への対応が可能な機種があります。



ワイド信号とは画面の横方向が長いテレビなどでの表示互換性を取ることを目的として、映像を横方向に圧縮する補助信号を指します。現在販売されているほとんどの機種がワイド信号に対応しています。


また、画質については一般的に値段が高い機種は画質も良いと言われています。