盗聴発見器は持っておいて損はありません

盗聴器と聞くと、なかなか身近にない自分とは無縁なものに思いがちです。


ところが自宅やオフィス、ホテルの部屋など、現代では至るところに盗聴器が仕掛けられているリスクがあります。

そのため盗聴発見器は、自前で1個持っておくと防犯対策にもなり安心です。

特に危険なのはビジネスホテルの部屋です。裏社会にはコンセントの裏などに小型の盗聴器を設置し、重要な商談や個人情報を盗み聞きしようとするグループが実在します。部屋には多数の宿泊客やスタッフが出入りしますから、仕掛けるチャンスはいくらでもあると言えるでしょう。


こうしたホテルをよく利用する人や貴重な情報のやり取りを日頃からする人は、盗聴発見器の所持が推奨されます。



盗聴発見器の購入は、インターネットや防犯グッズを取り扱うお店で安価に手に入ります。簡易型の電波を感知するだけのものであれば、4000円から6000円ほどが相場になります。
探偵や興信所で使われている高性能な盗聴発見器であれば2万円以上しますので、懐と相談して選ぶべきです。

共同通信社サイトを見つけることができました。

仮にホテルのような公共機関で盗聴器を探知しても、自分で該当の場所を分解すれば違法行為になってしまいます。
冷静にホテルのフロントなどへ連絡をして、代わりに作業をしてもらいましょう。

盗聴器の存在は、決して遠いものではありません。


警戒し過ぎるのも良くないとはいえ、少しの意識で盗み聞きを未然に防げます。
盗聴発見器を所持していれば確認も素早く手軽なので、安心した毎日を過ごせるでしょう。